1more!

+1 Lifestyle Blog. Apple、ガジェット、旅 etc. 趣味を多方面に愉しむブログ。

【Ï】TextwellのアクションをDropboxにバックアップし、復元する方法。

スポンサーリンク

どうも!Textwellの魅力にはまりつつあるHayabusa(@hayabusa_823z)です。今回は、Textwellのアクションのバックアップと復元について、方法を紹介します。

参考サイト

  • 今回、以下のサイトを参考にさせて頂きました。
Textwell用の自作アクション集
...

TextwellのバックアップしたActionをHTMLにする - ExportActions2Html #textwell | stryhの日記 ~stryh/changelog
- 備忘録 – 記憶なんて限界があるんだぜ。2013年11月25日(月)どうも@saita_ryouheiです。先日書いたActionのバックアップ方法とその復元方法。カテゴリー: iPhone, i...

使用したアプリ

Textwell
  • Textwell
  • カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
  • 価格: ¥300(記事掲載時)
  • 開発元: Sociomedia
App Store

Documents by Readdle - 無料ファイルマネージャ, メディアプレーヤーおよび写真•文書ビューア
  • Documents by Readdle - 無料ファイルマネージャ, メディアプレーヤーおよび写真•文書ビューア
  • カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
  • 価格: 無料(記事掲載時)
  • 開発元: Readdle
App Store

iPhoneからDropboxにバックアップ&iPadでアクションを復元

手順1;上記1番目のサイトから、Open(dropbox)とSave(dropbox)をインポートします。
手順2:上記2番目のサイトを参考にExportActions2Htmlをインポートします。 手順3:iPhone側で、Textwellを起動し、アクションExport Actionを実行します。
コピーを選択後、ExportActions2Htmlを実行します。


FlickrIMG_0050 by hayabusa8823


FlickrIMG_0051 by hayabusa8823

手順4:すると、HTMLとして、アクションが出力されるので、これを、Save(Dropbox)のアクションを使ってDropboxに保存します。
Dropboxに保存したデータは、アプリ→Textwell内に保存されます。

手順5:アクションを復元、移行するデバイスでDocuments by Readdle を起動し、予め、Dropboxアカウントをオンラインストレージとして設定します。

手順6:以下の手順で、保存されたファイルの末尾の拡張子を変更します。


FlickrIMG_0056 by hayabusa8823


FlickrIMG_0057 by hayabusa8823


FlickrIMG_0058 by hayabusa8823


FlickrIMG_0059 by hayabusa8823

手順7:ファイルを開くと、HTML形式でエクスポートしたアクションが表示されます。
リンクをタップすると、Textwellが起動し、アクションのインポートが可能です。

ひとこと

iPhoneで構築したTextwellのブログ執筆環境、毎回インポートするのは面倒なので、なんとかバックアップとインポートを少しでも楽にできないものかと思っていました。上記の方法で標準のエクスポート機能を使用した上で、@saita_ryouhei さんの記事を参考に、エクスポートしたアクションをHTML化してバックアップが可能になり、非常に助かりました。作業に際して参考にさせて頂いたサイトの運営者の皆様に感謝いたします。