1more!

+1 Lifestyle Blog. Apple、ガジェット、旅 etc. 趣味を多方面に愉しむブログ。

【Ï】初秋の信濃路をゆく!長野旅行記2014(前編)

スポンサーリンク

どうも!Hayabusa(@hayabusa_823z)です。今回は、9/23-24に、取得した休暇を利用して松本・安曇野方面に旅行してきました。

※おしらせ:今回より、写真はすべてCanon Power Shot S120で撮影したものを使用しています。本格使用テストも兼ねた旅行なので、こちらにも注目してみてくださいね^ ^

千葉駅〜東京駅

この日は5:00に起床。早めに目的地を目指すためこれは毎度恒例になりましたねw

地元から千葉駅まで行ったあとは、特急しおさい号で東京駅まで。
現地での体力温存のため、到着までは、楽をします(笑)

東京〜新宿駅

新宿駅で、友人と合流し、朝食を準備してから、列車に乗り込みます。

列車は、8:00ちょうどの〜♪の某あずさではなく、スーパーあずさ5号に乗車します。

新宿駅甲府

8:00に新宿駅を発車。高尾駅までは、比較的都会の風景が続きます。
高尾駅を過ぎると、辺りは急に山岳地帯となり、断続したトンネルも相まって別世界へ通じるような感覚があります。

相模湖を越えて、小仏トンネルを抜けると、山梨県へと列車は入ります。

稲刈りもそろそろ佳境を迎えており、沿線の田んぼは黄色く色づいているのが印象的でした。

また、鳥沢-猿橋駅間は、山梨&長野鉄道旅行記山梨・静岡旅行記でもご紹介した通り、有名撮影スポットかつ、景色が開けてきて、「おお!」となる中央本線の車窓スポットのひとつなので、中央本線は何度も乗車してしている私でも、いつ見ても飽きないですね(≧∇≦)

甲府盆地が開けてきて、話が弾んだ頃、列車は9:20ごろに甲府駅に到着です。
前回は各駅停車だったので、凄く速く感じます。

甲府〜塩尻〜松本

甲府駅を過ぎ、韮崎あたりまでくると、八ヶ岳の麓エリアを走るため、標高が次第に上がり、高原らしい車窓に変化してゆきます。

前回、この区間を乗車した際には、よく景色が見えなかったので、よく景色を味わえてとてもいい気分です^ ^

9:53ごろ小淵沢駅着。前回果たせなかった、小淵沢駅の駅そば「山賊そば」を食べるリベンジは、停車時間の関係でまたもや先送りに(^_^;)
今度のシーズンこそは食べたいものです。

長野県に入ったあと、最初に、茅野駅、その後上諏訪駅に停車します。

上諏訪を過ぎると諏訪湖が車窓から少しずつ見えてきます。

下諏訪〜岡谷間でわりとしっかりと個人的には確認できました。

岡谷は、飯田線が乗り入れしており、JR東海313系が停車しています。 秘境駅が多いことで有名な飯田線、いつかチャレンジしてみたいですw

岡谷を過ぎると、塩嶺トンネルを抜けて、みどり湖、塩尻駅へと到着します。

中央本線はまだまだこの先、はるか先の名古屋駅まで続いていますが、あずさは塩尻から篠ノ井線にはいります。

塩尻駅に入って間もなく、10分前後で松本駅に到着です。

あとがき

今回は、松本駅までの道中を紹介しましした。
春に行った時と比べ、また別の顔を見せてくれていて、変化に富んでいて良いですね。

次回は、松本駅から安曇野にかけてをご紹介します。