1more!

+1 Lifestyle Blog. Apple、ガジェット、旅 etc. 趣味を多方面に愉しむブログ。

【Ï】初秋の信濃路をゆく!長野旅行記2014(中編)

スポンサーリンク

IMG_0764

どうも!Hayabusa(@hayabusa_823z)です。今回は前回お送りした長野旅行記の続きです。

松本駅松本城

松本駅に約半年ぶりくらいに降り立ちました。
相変わらず空気が澄んでいるのを感じます(^-^)

松本駅では、運良く、EB-E300系に出会うことが出来ました。これはラッキー♪

松本駅をあとにして、前回同様、松本城へ向かいます。

この日は信州ビアフェス松本城で開催しており、会場は非常に賑わっていました。 

やっぱり、この北アルプスとのコラボレーションは美しいですね。

個人的にはこのアングルも好みです。

松本城の見学が終わった後は、駅へ戻り、大糸線ホームへ。

大糸線に乗車します。

沿線風景は山梨同様田んぼが色づいており、美しい風景が広がっています。

穂高駅に到着。

当初の計画では、バスで目的地をめぐるという計画を立てていましたが、地元の観光案内所の方が「お天気がいいので、所要時間もそこまで変わらないですしサイクリングでもおすすめですよ〜。」との良い情報をいただき、当初計画を変更して、サイクリングで色々付近を回る旅に変更。

計画を綿密に練り、固めた旅とはまた違った面白さと醍醐味がありますね。

途中の道のりは、まさにサイクリング日和で、気持ちの良い日でした。

自転車を15分ほどこいだあと、大王わさび農場に到着&お昼。
お蕎麦をいただきましたが、やっぱりわさびが爽やかで美味しいですね。

実は幼少期に家族で行ったという話を両親から時々聞くのですが、全く覚えておらず、初めてみたいな感覚ですw

農場内は、わさびに黒い網のようなシートが被せられて栽培されていますが、これは、直射日光がわさびは苦手なので、木漏れ日程度の光に抑えるためにかけられているそうです。

しばらく園内を散策したあとは、水車小屋に向かいます。

時がゆっくり流れる感覚があり、和みます。

売店に戻ったあとは、名物のわさびソフトをいただきました。
これが辛くないんですよね。
ほんのりわさびの香りのするソフトクリームという感じのお味です。

お土産を見て回った後は、農場を出て、周辺エリアを散策します。

穂高川の脇のサイクリングの道中、優しくもあり、自然のエネルギーに圧倒されます。

駅近くに戻ってきて、穂高神社に寄った後は、穂高駅に戻ります。

改めてゆっくり見てみると、木を中心とした、温かみのある駅舎ですね。

ここでも、HB-E300系に出会うことが出来ました。

夕日とのツーショットもなかなか良いですね。

列車を見送ったあとは、松本駅へ戻ります。

あとがき

いかがでしたでしょうか?
今回は松本駅到着から、安曇野穂高をサイクリング、再び松本駅までもどるところまでを紹介しました。

安曇野のどかでどこか懐かしい風景が広がる道を走るサイクリングは素晴らしいものでした。
次回は夜、そして最終日になります。