1more!

+1 Lifestyle Blog. Apple、ガジェット、旅 etc. 趣味を多方面に愉しむブログ。

【Ï】SONY MDR-XB90EXを購入!ウォークマンとの相性もなかなか良い!

スポンサーリンク

どうも!ご無沙汰してます。Hayabusa(@hayabusa_823z)です。今回は、ソニーカナル型イヤホンMDR-XB90EXを購入したので、ウォークマンとの相性も含めてレビューしたいと思います。

もっとのキレのある重低音が欲しい!

ウォークマン NW-M505を購入して、約10ヶ月になり、現在も引き続き愛用しております。付属のノイズキャンセリングイヤホンは全体バランスとしての音はなかなか良い感じですが、最近になって、やや、低音域に物足りなさを感じるようになりました。
理由としては、室内など、比較的静かな空間で音楽を聴く機会が増えたことや、個人的な音の好みが、重低音ズンズンくるような感じに変化したことが挙げられます。

家電量販店へ!

実は今回は、全く下調べせずに、単に5000円〜1万円以内の予算で、良い音のイヤホンが欲しいなと思っておりました。
弟が、au 版のiPhone6(64GB)に機種変更するのを機に、長年使っていたiPod 5Gの音楽プレーヤーとしての役割を集約させることとなりました。
それきっかけに、イヤホンを安い価格帯のものから、どうせなら良いものにしよう!という話から衝動的に家電量販店へ向かうことになりました。

試聴

行きの電車の中で、ある程度有名どころだけはおさえて候補を挙げてみました。

ソニー  MDR-EX650SL ②オーディオテクニカ SOLID BASS ATH-CKS77X

量販店に到着後、イヤホン・ヘッドホンコーナで、iPhone6のミュージックアプリ、ウォークマン NW-M505(イコライザー調整済)試聴ししてみた感想として、

①→中高音が丁寧に鳴る、全体の解像度がすっきりしているバランス系
②→ズンズン来る系のパワーが強めの重低音。

となっていました。

そんな中、EX650の試聴が終わった後、MDR-XB90EXの型番、16mmドライバーという、スペックからして気になるものが目についたので、試しに聴いてみると、これが重低音がいいんですよね。

6年くらい前にソニーのイヤホンを使っていたことがあったのですが、重低音が強く、隠っていて、それ以上の音域が篭もってきこえたので、重低音重視のイヤホンは、中高音が弱めなのかな?という先入観が多少ありました。

しかし、実際聴いてみると、XB90EXは、ドライバーのでかさの恩恵か、中音以上も綺麗に出ており、驚きました。 肝心の重低音ですが、ドコドコズンズンと鳴るというよりは、質を重視した、落ち着きのある重低音です。 深みと広がりのある重低音という感じでしょうか。

弟は、もともと、重低音重視のイヤホン好みの傾向があったので、一緒に聴いて貰い、検討の結果、二人揃って同時購入。

前置きが長くなりましたが、パッケージの紹介に移りましょう。

前面。

背面。

本体は、ドライバーが大きいため、よくあるイヤホンより、大きめです。 デザインは、ブラックシルバーのような色合いで、またソニーロゴの部分の、金属加工っぽいところが高級感があります。

イヤーピースは、柔らかめの、イヤーピースが、4サイズ、低反発のウレタンスポンジが入っている、ノイズアイソレーションイヤーピースが3サイズあります。 写真のものは、整理して袋詰めしたので、見た目状態的にあたりよくないですが、ご容赦ください( ̄∀ ̄;) 後者のウレタンスポンジ入っているイヤーピースは、遮音性が高く、ノイズキャンセリング程ではありませんが、音楽を楽しむのに、支障の無いレベルまでは遮音してくれるので、好印象です。

ウォークマン NW-M505との相性は?

初期設定だと、音がやや少し篭り、音の広がりがやや浅めになってしまうので、

ウォークマンのヘッドホン設定で、MDR-NWNC33を選択し、クリアフェーズをONに。 ・イコライザーの、クリアベースのレベルを最大に ・イコライザーを、以下のパラメーターで設定。

・共通設定→ヘッドホン選択→MDR-NWNC33を選択 ・ダイナミックノーマライザ→ON

に設定しました。

この状態で、イヤホンの特徴である、底のしっかりした深い重低音と、中音以上も、抜けがよくなり、全体のバランスがよくなり、聴きやすく、一音一音の音の粒がしっかり聞こえるようになりました。

某レビューサイトに、F880シリーズが、MDR-NWNC33をヘッドホン選択にすると、付属品以外にもクリアフェーズ(音場補正)が聴くそう。M505は、デジタルアンプの、ハイレゾ用回路を除いた部分は構造的に近そうなので、応用して試してみました。
ONにしたところ、多少ですが、音の臨場感がよくなった感じがしました。

ライブ音源で、より違いを実感できます。

クラシックなどでは、ティンパニバスドラムのような、重低音楽器の音の迫ってくる感じが、頭に響く感じで体感できます。

iPhoneに直差しでは?

・標準ミュージックアプリでは、イヤホンの素の良さである、低温、中高音のよさを実感できました。

イコライザーアプリの、UBiOでは、設定の、イヤホン専用のパラメーターに、MDR-XB90EXが含まれています。 これを設定し、やや高音強調(座標軸の右上)よりに2D Padを調整すると、全体のバランスが良くなります。

あとがき

久々に勢いで購入した、ソニー製イヤホンですが、思っていた以上の出来でした。 重低音イヤホンな、中高音がやや篭もりがちになる傾向がありますが、このイヤホンは、得意の重低音の質を重視しつつ、全体バランスに配慮したイヤホンという印象です。

聴くジャンルを問わず、音質のステップアップを実感できます。 ウォークマンiPhoneの付属イヤホンの音質が物足りなくなったという方にはおすすめのイヤホンです。

また、実売価格が下がってきており、量販店では、平均6500-7500円程度で購入できるので、一万円以上はちょっと手が出ないと言う方にも、なかなか良い製品と言えるのではないでしょうか。

商品はこちら↓

SONY 密閉型インナーイヤーレシーバー XB90EX ブラック MDR-XB90EX/B https://www.amazon.co.jp/dp/B008G80FIU/ref=cm_sw_r_awd_PUqEub0EVXTV0