1more!

+1 Lifestyle Blog. 趣味を多方面に愉しむブログ。

【Ï】docomo版 iPhone 7 128GBを購入したので開封の儀&簡単レビュー!

スポンサーリンク

どうも!Hayabusa(@hayabusa_823z)です。
今回は予約したiPhoneが届いたので、さっそく開封して使ってみたレビューをお届けします。

到着までの経緯

前回の記事にて、docomoiPhone 7 128GB ゴールドを予約 したところですが、その後、9/14 10:00より入荷メールが到着し、購入手続きの受付が開始されました。

【Ï】iPhone 7 を予約しました!果たして結果は・・・ - 1more!
photo credit: iPhone 7...dark blue? via photopin (license)どうも!ご無沙汰しています。Appleの発表会は全力待機していたHayabusa(...

惜しくも発売日9月16日の入手はなりませんでしたが、翌9月17日発送可能とのアナウンスがdocomoよりありました。

ささっと購入手続きをすませ、経過すること3日・・・。

無事届きました!

開封の儀!

では、恒例の開封の儀を執り行いましょう。

docomoオンラインショップの梱包を開けると、iPhoneの化粧箱が顔を出します。

今回の箱は背面のデザインがプリントされています。

袋を剥がします。今回から、袋が、箱のお菓子のビニール包装を剥がす感覚で簡単に剥がれるようになりました。

では、箱を開けましょう。

お決まりの、本体がどーん!と対面ではなく、SIM用のピンや、説明用のビラが入っている物が出てきます。

そしてその下に、いよいよ本体とご対面!

キタ━━━━━━━━( ゚∀゚)━━━━━━━━!!

表面はiPhone 6とぱっと見変化はありませんが、受話口の部分がステレオスピーカーを兼ねたので、口が広くなっています。

底面。イヤホンジャックが消滅して、ライトニング端子のみになっています。イヤホンジャックのあった左側のグリル穴は気圧計関連の部品のようです。

それ以外の側面ボタンはiPhone6と位置の変化はありませんが、ボリュームアップボタンとダウンボタンの間の窪みがなくなっていますね。

箱を再び見ると、いつものイヤホンとACアダプター、USBケーブルのセットが入っています。

イヤホンが巻きつけてあるものがプラスチックのケースから紙製に変更されています。環境に配慮したのでしょうか。

同梱のイヤホンは、Lightningポート版のEar Podsに変更になり、その裏面に、Lightning→3.5mm イヤホンジャック変換アダプターが同梱されています。

イヤホンの下には、USBケーブルが入っています。
束ね方が6の時と変わっていますね。

一通り見終えたところで、ガラスフィルムとケースを装着し、スイッチを入れ、設定をすませます。

因みに買ったケースとガラスフィルムはこちら。


...
NIMASO® iPhone 7 / iPhone 7 Plus 専用 日本製素材旭硝子製 強化ガラス 液晶保護フィルム 高鮮明 防爆裂 3D touch 対応 気泡ゼロ 硬度9H
ご注意:iPhone6代後機種がラウンドエッジ加工により、強化ガラスフィルムの側面浮き防止ために、横幅が微妙に液晶画面より小さくなります。ご理解の上ご購入してください。 高感度タッチ対応 優れたウィン...

安いケースとフィルムですが、意外と作りがしっかりしていて、気になるケースが出るまでの繋ぎに使えそうですね(^ω^)

設定が終わりました。やっぱり設定後初めて出てくるホーム画面は感動しますね。

そして最後に背面。背面は、いわゆるiPhone6sまで存在したアンテナのDラインが消滅し、上に凸型のラインになり、スッキリとしたデザインになりました。

この線は気になってたので嬉しい変更ですね。

カメラはスペックシートになりある通り、f1.8のカメラと光学手ぶれ補正が4.7インチのiPhoneにも搭載され、大型化しました。 6より出っ張ったものの、レンズを囲っている周りのデザインが滑らかになって馴染んでいるので、思ったより違和感は少ないですね。

iPhone7をしばらく使ってみて

届いてから1日使ってみて、iPhone 6から比べて良くなったことや、気になった点をまとめてみます。

ここがGood ポイント!
  • 操作全般に対するレスポンスが高速に。
    →毎度iPhone買い換えるたびに体感しますが、やはり快適ですね!

  • スピーカーの音の音がよりスッキリと聞こえるようになった

→ステレオスピーカーになった影響で、音のこもりが低減して、スッキリ聞こえるようになりました。
radikoをスピーカーなどでよく聞くので、これはいいですね。

  • 電池持ちが良くなった

→A10 Fusionチップとバッテリー容量の少しの増加による恩恵で、6と同じ使い方をしていても、劇的までではありませんが1.5-2時間くらい長くもつ印象があります。

→この辺は10月のiOSのアップデートで対応するとおもわれるので、アップデートがあったら記事にしようと思います。

気になるポイント
  • ホームボタン

→多くの方が気にされているのと同様に、物理的なボタン機構が廃止され、Taptic Engineによる振動で擬似的なクリック感を再現する仕組みになりました。
これまでの感覚と大きく違うので、まだまだ慣れが必要そうです。
(※感覚的には、MacBookのトラックパッドを触っている感覚に近いです。) 設定→一般→「ホームボタン」で強さを設定できるので、一番フィードバックの強い「3」が従来のホームボタンに慣れているとしっくりくるかもしれません。
あと、改善要望ポイントとしては、ソフトウェア側でのボタンのクリック判定の関係か、ホームボタンを押してホームボタンに戻った時、ダブルクリックでマルチタスキングを開いた際に、ややぎこちないアニメーションになる時があります。
この辺はアップデートで判定処理が改善するかもしれないので、今後も注目していこうと思います。

  • イヤホンジャック

思い切って廃止したイヤホン端子ですが、ホームボタン同様、扱いに慣れが必要かもしれませんね。
個人的にはBTイヤホンを外使い、Lightning→イヤホンジャック変換アダプターを部屋使いとして使用するように使い分けるようにしています。
また、有線のイヤホンだと、音楽再生中にポートが塞がってしまうので、同時に充電が出来ない点も多くの方々が指摘されているように、感じる面も少々あります( ̄∀ ̄;)

この辺は、一番自分にとって使いやすい方法を模索していきたいと思います。

まとめ

今回は見た目は6の世界観を踏襲しつつ、洗練させたような印象がありましたが、中身はホームボタンの機構が変わったり、イヤホンジャックの廃止、防水、FeliCa搭載など大きな変化を感じました。
2年ぶりの買い替えだったので、総じて、久々にワクワク感を感じる端末で、触っていて楽しいです(^ω^)

また、10月にはApple Payに対応するようなので、今から待ち遠しいところです。

ではでは。