1more!

+1 Lifestyle Blog. 趣味を多方面に愉しむブログ。

【Ï】木曽路の宿場町歩き&名古屋旅行2016.7[その4]木曽路をひた走り名古屋へ

スポンサーリンク

どうも!Hayabusa(@hayabusa_823z)です。
2016年7月中旬、木曽路の宿場町と名古屋への1泊2日の旅の記録をお届けします。
第4回目は木曽福島から、名古屋までの中央線後半の道のりを綴ります。

前回の記事

【Ï】木曽路の宿場町歩き&名古屋旅行2016.7[その3]関所のまち・木曽福島を歩く - 1more!

2016年7月中旬、木曽路の宿場町と名古屋への1泊2日の旅の記録をお届けします。 第3回目はいよいよ木曽路の関所のまち 木曽福島 を歩きます。

特急「しなの」で西へ。

木曽福島駅に到着後、20分程度時間に余裕があったので、荷物整理をして準備したあと、いよいよ特急「しなの」へ乗り込みます。
乗車するのはJR東海383系電車。機器交換が進み、貴重になりつつある元気なモーター音もなかなか粋ですね。
木曽福島を発車してしばらくすると、国道19号線とともに、道の駅 木曽福島が見えたのでパチリ。
しばらくすると、次第に山深くなっていき、上松駅を通過した後、名勝「寝覚めの床」にさしかかります。
数分ダイヤに乱れがあったためか、あっという間に通過してしまい、シャッターチャンスを逃してしまいました・・・。残念( ̄∀ ̄;)
暫く進むと列車は南木曽駅へ到着。付近には材木が沢山積んであり、山岳路線の駅らしい光景を見ることができました。
そして、田立~坂下駅間で県境に入り、岐阜県へ入ります。
岐阜県へ入って少し進むと中央線名古屋口の東端である中津川駅に到着。快速列車とも時折すれ違うようになり、いよいよ名古屋圏が近づいてきたという実感が湧いてきました。
中津川から先は丁度昼下がりで西日が入ってきたためか、気持ちよくなり爆睡し、気が付いたら多治見を過ぎておりました(笑)
徐々に沿線にも宅地が現れてきて、高蔵寺駅を過ぎると、都市圏だなという雰囲気になって来ました。
終点が近づくにつれ、駅のホームも都会の駅らしくなり、最後の停車駅千種駅を発車した後は、金山駅で東海道線と合流し、列車は名古屋駅に到着。
これにて長かった中央線も完乗。すぐにホテルにチェックインし、のんびりと過ごすことにします。
夕食は駅ビルのお店で名古屋名物みそカツ定食を食します。
みその風味が良い味を出していて美味しいですね(´∀`)
そしてスターバックス名古屋限定ご当地タンブラーをGet後再びホテルに戻り、旅の1日目が終わるのでした。。。

木曽路の宿場町歩き&名古屋旅行2016.7[その5]へ続く