1more!

+1 Lifestyle Blog. 趣味を多方面に愉しむブログ。

【Ï】新・ブログ改造記5〜2017年5月現在版!はてなブログでGoogle AdSense審査が時間がかかったけれど無事通った話〜

スポンサーリンク

どうも!Hayabusa(@hayabusa_823z)です。ブログカスタマイズ関連の話題をお届けする新・ブログ改造記。今回は、Google AdSenseの審査が通るまでの経緯を綴ります。

参考記事

今回、AdSenseの審査の一連の流れは下記のサイトを参考にさせていただきました。

http://www.lifecooking.net/entry/2017/02/16/200000

http://koreimakaidesuka.hatenablog.com/entry/google-adsense-pass

http://www.mutant-tetsu.com/entry/hatenaadsense

一次審査からニ次審査まで

色々な先人の方々の最新版の記事を見ていると、2017年現在、自分の場合も例に漏れず、ブログのURLを入れ、アンケートに答えた後、直ぐに審査用コード埋め込み画面に移行しました。

二次審査の結果を待つも・・・

はてなブログの設定画面→詳細設定headに要素を追加に埋め込みを行います。

この後、AdSenseの画面に「審査は最大で3日間かかります」との文言があるものの、1週間を過ぎても経っても結果メールが来ないので、色々な型の類似ケースの記事を読みました。

http://www.what-a-day.net/entry/google-adsense

ケースがとても類似していたので、これらを参考に、色々調整を実施しました。

ブログに施した対策

プライバシー・ポリシーの設置

多くの方が傾向として書かれているとおり、プライバシー・ポリシーの設置を行いました。 上記の筆者様も指摘されているとおり、Google AdSenseのサイトにおいても、サイト内のプライバシー・ポリシーの表示についてAdSenseのヘルプページのプライバシー項目に明記されていました。

https://support.google.com/adsense/answer/48182?hl=ja

さらにサイドバーのプロフィール欄のカスタマイズに合わせて、プロフィール画像下および詳細プロフィールの画面からプライバシー・ポリシーページに飛べるようにしました。

過去の記事のタイトル・本文の見直し

記事をこの機会に見直すことにし、ブログ移転時初期(2014年ごろ)の記事において、価格等の変動するもの等の要素が含まれているものがあった為、表現を修正しました。

審査用コードの見直し

上記の筆者様の記事のとおり、自分の環境でも、head要素欄に、審査用コードを入れていたものの、既に入っているほかのコードより下に入れていたため、に入力し直しました。

お問い合わせフォームの設置

直接関係ないかもしれませんが、リニューアル後に消えてしまったので、Googleフォームを使用して再設置しました。

審査状況確認フォームへの連絡

念のため行いました。 色々な記事を見ていると、直ぐに通知が来た方と来ない方がいるようです。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfbuzhIJYBxVD8u9sSka7a26-PGJBpF16jc6dOAVuM1GoC7lg/viewform?

そして・・・

審査の申請から2週間後、遅ればせながら、ついに承認メールが届きました。

長いようで短い2週間でしたが、無事審査が通って良かったです( ̄∀ ̄;)

審査通過時の状態&まとめ

|プライバシーポリシーの設置|あり| |記事数|190記事| |開設期間|3年(はてなドメイン時代含む)| |独自ドメイン取得後の日数|2.5週間程度| |画像沢山貼っているか|該当あり| |他の広告サービス申込み・貼付|あり|

プライバシーポリシーの設置あり
記事数190記事
開設期間3年(はてなドメイン時代含む)
独自ドメイン取得後の日数2.5週間程度
画像沢山貼っているか該当あり
他の広告サービス申込み・貼付あり

当ブログの場合、リニューアルを機に独自ドメインの取得を行なったため、約3年間ははてなドメインによるブログの運営を行なっておりましたので、ちょっとイレギュラーなパターンかもしれないです。

また、同時にiTunesアフィリエイトプログラムもしもアフィリエイト等にも申請を行い、張り付けを開始いたしました。

今回の申請から審査にあたっては、参考にさせていただいたブロガーの皆様に感謝です。

これからも、あらためて記事を頑張って書いていきたいと気持ちを新たにした筆者なのでした。

ではでは。