1more!

+1 Lifestyle Blog. Apple、ガジェット、旅 etc. 趣味を多方面に愉しむブログ。

【Ï】ぐんま湯めぐり旅行2017.2[その3]草津温泉散策&湯もみショーを楽しむ

スポンサーリンク

どうも!Hayabusa(@hayabusa_823z)です。2017年2月に旅した「ぐんま湯めぐり旅行記」の第3回目は、長野原草津口駅から、草津温泉散策するまでの模様をお届けします。

前回の記事

http://www.hayabusa823z.com/entry/2017/04/26/211835

長野原草津口〜草津温泉バスターミナルへ

長野原草津口に到着しました。
当時は温泉シーズン真っ只中のためか、バスが何台も出動しており、とても混雑しておりました。 ここから、草津温泉バスターミナル行きのバスに乗車します。
乗車時間はおおよそ30分程度です。

また、運賃について補足ですが、JRバス関東のHPには、SuicaやPASMOなどの交通系ICカードが使用できる旨が記述されておりますが、どうやら、一部の増発便等のリーダー・ライターが設置されていないバスでは現地精算となるようなので、現金を持ち合わせておくのが良さそうです。

山道を登りつつ、バスは草津温泉バスターミナルに到着しました。

草津温泉 湯畑〜西の河原公園〜白根神社

草津温泉バスターミナルからは、歩いて数分、標識を頼りに坂道を下って行くと湯畑の入り口と温泉街に到着します。

温泉街の街並みを西へ進み、「西の河原公園」方面の看板に沿って歩きます。

歩いていくと、途中には片岡鶴太郎美術館等の施設があり、さらに先に進み、近づいてくると道の脇に川が現れます。

西の河原公園に到着しました。ここは温泉が湧き出している川のため、周辺は湯気が上がっており、温度も周辺はほんのり暖かかったです。

周辺を散策した後は再び道を戻り、白根神社へ向かいます。

階段が地味に急で雪も積もっていたので意外と登るのが大変でした。

周辺の道も雪道なので、気をつけて歩きます。

神社に参拝したあとは階段を降ります。

白根神社〜ホテル〜再び湯畑へ

ホテルのチェックイン時間が近づいてきたので、ホテルへ一旦向かいます。

今晩の宿はホテル櫻井です。 じゃーん!

繁忙期のためか、非常に混雑しておりましたがチェックインからお部屋の案内まで丁寧に対応していただきました(^ω^)

荷物を置いたあとは、湯畑へ再び向かいます。

うーん、雑誌やテレビで見た通りの光景で良いですね!

当時はパラパラと晴れ間から雪が降っており、湯畑から立ち込める湯気と、硫黄の匂いが温泉街らしい風情を感じさせますね。

続いては草津に来たからには外せない、熱乃湯 湯もみショーへ。

熱乃湯 湯もみショー

チケット売り場は混んでいて、15分程度並びました。 雪が降っていたので寒かったですね( ̄∀ ̄;)

無事チケットを購入し、会場内へ。観光案内のビデオが流されたあと、

「草津よいとこ〜♪一度はおいで〜♪」から始まる有名なフレーズとともに、湯もみの披露が始まりました。

途中で豪快に「バシャッ!」とお湯をかき回すところが迫力がありましたね(^。^)

最後に湯もみ体験タイムがあり、なかなか実際やってみると難しいものですねw

とても良いお土産になりました!

ホテルの温泉で湯治

湯もみショーを満喫したあとはホテルに戻り、大浴場と露天風呂へ。

今回の旅の、温泉でまったりするという目的の他に、湯治というもう一つの目的の目的もあったので、効能には期待が高まります。

大浴場のほうは、マイルドなお湯になっているので、まずは、体を慣らして温まってから、露天風呂に入るのがよさそうです。
露天風呂のほうは、源泉に近いので、より効き目が強い印象がありましたね。
傷口等がある部分があったので、ヒリヒリしました、結構効き目がありそうな感じがします( ̄∀ ̄;) 流石強酸性の温泉ですね。

夕食はバイキング会場ですが、和洋中バラエティのあるメニューと、種類の多いデザートで満足でした♪

ホテルでの湯もみショーと太鼓ショー

ホテル内の宿泊者向けのイベントとして、太鼓ショー、湯もみショーがあり、多くの宿泊客が足を運んでいました。
太鼓の演奏がなかなか迫力ありましたね!

こうして、草津温泉での夜は更けていくのでした・・・。

〜その4(最終回)に続く〜