1more!

+1 Lifestyle Blog. 趣味を多方面に愉しむブログ。

【Ï】富山の自然と触れ合う旅2017.5[その3]立山黒部アルペンルート編 黒部湖駅〜室堂〜雪の大谷

スポンサーリンク

どうも!Hayabusa(@hayabusa_823z)です。2017年のGW最中の5月2日夜〜5月5日にかけて、富山方面へ旅に出てきました。
第3回目の今回は、5月3日、ケーブルカー黒部湖駅からさらに標高を上げ、ケーブルカー、ロープウェイで登り、室堂へ向かうところから旅の記録を綴ります。

前回の記事

ケーブルカー黒部湖駅〜大観峰

ケーブルカー黒部湖駅からは、ケーブルカーに乗りさらに高いところを目指します。

黒部平駅に到着。 相変わらず乗り場の混雑が凄いです∑(゚д゚;)

次の大観峰方面の列車まで、入場整理で30-40分待機になったので、展望台の方面に行ってみることにしました。

高度がさらに高くなってきてとても良い眺めですね。

続いて大観峰方面をパチリ。

ここまで高度が上がってくると、自販機も高山プライスにwちょっとしたカルチャーショックですねw

IMG_1053

ロープウェイの改札時間となったので、改札に戻り、立山ロープウェイに乗車します。

IMG_5949

ロープウェイからの黒部平方面の眺め。黒部湖が奥に見えています。

IMG_5954

大観峰〜室堂

ロープウェイ大観峰駅に到着。ここから立山トンネルトロリーバスに乗車し、ルート中最高峰の室堂を目指します。

IMG_5953

トロリーバスは混雑が凄かったので撮影できず。。。 ようやくアルペンルート中のクライマックス地点、室堂に到着

室堂は立山黒部アルペンルートの一大観光スポットになっており、大勢のツアー観光客で賑わっていました。
因みに、室堂の散策のための出口は、屋上の展望台の付近から出るようになっていました。

雪が積もりすぎていて、最初迷ってしまいました( ̄∀ ̄;)

散策道に上がっている途中観光客のみなさんがガチ雪山登山装備の装着をしていたので、筆者は「そんな装備で大丈夫か?」と次第に不安に。。。

「大丈夫だ、問題(以下略」。。。。

・・・そんな保証はないので、慎重にゆっくりと歩きながら散策しましょう。。。

ホテル立山。真っ白な散策道の中で存在感を放っています。

IMG_5967

ひたすら他の観光客の歩いている順路に合わせて進んで行きます。

IMG_5975

歩くこと20分、ようやくみくりが池温泉に到着。
短いようで長かかった・・・。
ここで30分ほど休憩し、景色を眺めながらまったりと過ごします。

IMG_5982

みくりが池温泉方面を引いたところでもう一枚。先に進もうと思いましたが、軽装備な上に雪だらけで危険なので、別の順路で引き返すことに。

IMG_5978

いやあ、ここの景色素晴らしいですね。ここまで来たんだというちょっとした達成感を感じます。

IMG_1072

さらにターミナル方面に戻って行きます。

IMG_6000

雪の大谷方面を望む。

室堂ターミナルに戻った後は、ロッカーに預けていた荷物を引き取り、立山高原バスに乗車し、雪の大谷をいよいよくぐります。

やっぱり圧巻!バスに乗っていても感じる、スケールの大きさ!ひたすら雪の壁です。

イメージとしてはマリオカートの雪山系コースに出て来そうな壁の大きさですねw

IMG_6007

雪の大谷を潜ると景色が開けてきました。 少しずつ高度を下げつつ、40〜50分の乗車ののち、バスは美女平へ向かいます

IMG_6016

富山の自然と触れ合う旅2017.5[その4]へ続く!

観光情報リンク

ホテル立山

http://h-tateyama.alpen-route.co.jp/shop/